• Akiko Watanabe

ウェルネスへの道は人ぞれぞれ

最終更新: 2020年6月2日

近年、ウェルネスというという言葉を良く聞くようになりましたね。

皆さんはウェルネスっていったい何だろうと思われたことはありませんか?

私も、ウェルネスってヘルシーでいることだけれども、どういう事なんだろうと

疑問に思っていました。




『ウェルネスの定義』

ウェルネスとは、健康を身体の側面だけでなくより広義に総合的に捉えた概念で、米国のハルバート・ダン医師が『輝くように生き生きしている状態(1961)』と提唱したのが最初の定義です。 その後、世界中の研究者らがウェルネスの解釈と追定義を重ね、人種、民族、国家、性別、性的指向、宗教、言語の違いからの様々な解釈があります。 また、社会情勢、時代によって人々のライフスタイルと価値観も変容していくなかでその概念も変化しています。


ウェルネスへの道で、人それぞ必要なものは異なります


人それぞれ、ウェルネスへの必要なものは変わってきます。

ウェルネスは、こころとからだそれぞれがバランスがとれた状態を指します。

その人のこころ、からだ、精神的な状態は常に異なるものです。


例えば、不摂生が続き太ってしまったり、痩せすぎてしまったりして身体がヘルシーな状態ではない時には、身体を整える事が必要。


◆その時に必要な栄養のある食事を摂り身体に栄養を与える。


仕事や人間関係や環境の変化で、ストレスが溜まってしまい体調を崩してしまったとき。

ストレスがなぜ溜まっているのかを追求し、それを回避する手段を見つける。


◆ストレスの原因を考えて、周りの人に相談したり、運動をしたり、好きなものを食べたりお買い物をするのもいいですね。まずは、なぜストレスが溜まっているのかを考えてみてください。なにか原因があるから、ストレスを抱える状態になっています。


ウェルネスとは、身体だけではなくこころや精神的状態全てが健康な状態の事を言うんですね。


次回のブログでは、ここで触れたウェルネスな食事方法について書きたいと思います。