• Akiko Watanabe

グルテンフリーの食事の仕方

前回のブログでグルテンについて触れさせていただきましたが、今回は

グルテンフリーの食事方法について。


グルテンフリーを実践すると、身体が軽くなったり、体調や肌の調子が良くなったり

という方が多いという研究結果もあります。

では、どんな食事の仕方がグルテンフリーの食事方法なのでしょうか?



グルテンフリーの食事の選び方


”食事のほとんどを、野菜、果物、魚、肉、米類、芋類にし、加工食品を避けることが

一番簡単にできる方法です。”


ラーメン、うどん、パスタ、ピザや小麦をつかったお菓子なども避けましょう。

麺類が食事に多い方は、ラーメンを蕎麦に変更する、朝のトーストをご飯にしたり

少しずつグルテンを摂らないようにし、ストレスなく続けていく事が理想です。


グルテンフリー(小麦置き換え)食品はどんなもの?

✔︎パンや麺類は米粉パンや米粉麺、米粉由来のビーフンやフォー、春雨に変更


✔︎お蕎麦は十割で。 十割そばは“そば粉100%”なのでグルテンフリー食品ですが、二八そばはそば粉とつなぎのうどん粉(小麦粉)の割合が8対2なのでグルテンが含まれているため、注意が必要。


✔︎グルテンフリースイーツは意外と充実 米粉を使ったクッキーや焼き菓子、フルーツやナッツ類やチョコレート、おせんべいやお餅などの和菓子、プリンやゼリー、ヨーグルトはグルテンフリーです。


こう見てみると、意外とグルテンフリー食材はありますね。


グルテンフリーは必要な方は行ったほうがいいのですが、まれにデメリットもあります。



グルテンフリーのデメリット


グルテンを摂取すると消化器系に影響がでたり、身体がだるかったりする、

そのような方にはグルテンフリーが有効ですが、安易にグルテンフリーを行うと小麦食品を急にすべて取らなくなるため、栄養バランスの偏りを招きやすいです。

自己判断で長期間継続して行うことは避け、必ず専門の医師の指導のもと行う必要があります。


また、アレルギーなどない身体の人がグルテンフリーを取り入れるとビタミンBや食物繊維が不足し、かえって太る原因となる可能性もあります。



毎日の食事で、グルテンフリーを取り入れながら必要なものを補えるようにして行きたいですね。