• Akiko Watanabe

ダイエット

最終更新: 2020年6月2日

どの時代も、女性はダイエットというキーワードに関心があります。


ダイエットとは、生活していく中で健康な身体と心を維持するためのものですが

多くの人が、体重を減らし細くなるということと捉えているようです。

健やかな生活を日々過ごしていくためには、自分の身体を知り、その人にとって一番

心地よい身体の状態でいることが望ましく、体重の増減も必要なことですが

こころとからだは人それぞれ異なり、ダイエットの方法もそれぞれにあったものを

見つけることも必要です。



パーフェクトなダイエット方法


NYをベースにする栄養学校でヘルスコーチを育成するIIN創設者Joshua Rosenthalは

”パーフェクトなダイエットは存在しない”と言います。


また、その時代によって様々なダイエットトレンドがありますが同じダイエット方法でも

自分には合わないのに、他の人は良い結果が出ることもあります。


人の身体はそれぞれ異なり、それには国籍、文化、年齢、性別や生活習慣によって

その人に合ったダイエット方法も変わってきます。




ダイエット方法も人それぞれ


皆さんは、今までどんなダイエットをしてきましたか?


キャベツを食事前にたくさん食べるキャベツダイエットや、朝バナナダイエット

もやしダイエット、グレープフルーツダイエットなど、その時代によりいろいろな

ダイエット方がありました。


何か偏った食材だけを食べることは、身体に良くないとわかってはいても試したくなってしまいますよね。また、その食材が全ての人にとって良いものとは限りません。


”One food is another persons poison"

”1つの食材がその人には良いものでも、他の人には毒にもなる” (Joshua Rosenthal)


このダイエット方法が自分に合っている、これは合わないし身体を壊してしまったなど

人それぞれの経験もあるでしょう。

人気のあるダイエット方法でお友達が成功していたとしても、あなた自信に合っているかの

判断も必要ですね。


自分の身体を知ること


ダイエットを試みる前に、まずは自分の身体を知ることが大事です。


その日の身体の状態を感じ取り、どんな食事が必要かを考えて見ましょう。

どんな食事をしたら、日々心地よく過ごせるのかを自分自身で見つけることや、どんな身体になりたいかをシミュレーションすることも大事です。


例えば、普段ワークアウトをしていて身体を鍛えている方と

オフィスでほぼ座っていて、あまり運動時間を取らない人が同じ食生活をしていたとしたら

目に見えて違いが見えてくると思います。


1日にどのくらいのカロリー消費があるかを知ることも大事なことで、

身体に取り入れたカロリー分を消費するというのがシンプルな考え方ですが

同じカロリーでも、栄養がどれだけあるかということも気にする必要があります。


“食べるエネルギー”は量だけでなく、質も大事。


食事をした後に、食べ過ぎてしまったと思うことありませんか?人は

腹八分目の食事が身体にとって良いとされています。


また、同じ量を食べるのでもその日の身体の状態を考えて、貧血気味だから

鉄分のある食材を取ろうとか、肌の調子が悪いからビタミンを補うために果物や野菜を

多くするなど食べ物の選び方も重要、そしてできるだけその季節と土地で旬のも、新鮮なものを取り入れていきたいですね。


その時代によって、ダイエットトレンドもありますが自分の身体をまず知って

身体に合うダイエット方法を取り入れるのがことをおすすめします。