• Akiko Watanabe

AYURVEDAを生活に取り入れる

最終更新: 2020年11月6日

YOGAをしている方には、AYURVEDAはとても親しみのあるものだと思います。


以前のブログでも書きましたが、ヨガとアーユルヴェーダには深いつながりがあります。

そんなアーユルヴェーダを日々の生活に取り入れて、毎日を心地よくするためのアイディアを

今回はお伝えしたいと思います。


AYURVEDAとは

サンスクリット語のayus(=life, 生命)と、veda(=knowledge, 知識)という言葉が組み合わさった言葉です。日本語では生命の科学とも言われています。AYURVEDAは医学だけでなく、科学や哲学の概念も含まれており、約5000年前が起源ともいわれるインドの知識の源「ヴェーダ」の一部で、伝統医療です。


AYURVEDA的体質診断


アーユルヴェーダでは、「ドーシャ」と呼ばれる3つの要素「ヴァータ」「ピッタ」「カパ」が、心身の健康への影響があるとの考えがあります。。

また、この3要素のバランスによって一人ひとりの体質がきまり、合う食事も違ってきます。

また、身体の不調が生じたとき、体質ごとに対処法が異なるので、まずは、自分のドーシャバランスを知ることが大切です。

オンラインでも”アーユルヴェーダ”で調べると、体質診断できるサイトもあります。

https://www.ayurvedalife.jp/constitution_diagnosis_of_ayurveda.aspx

自分の体質を知って、このこの食べ物を食べた時は不調だったのはそういうことか、と発見も

あるかもしれませんね。


AYURVEDAは自然由来の予防医学


AYURVEDAは、瞑想やヨガ、オイルマッサージ、呼吸法、ハーブやスパイスを用いた食事療法などで、毎日の生活に取り入れて、病気を予防し、心と体の健康を保つことを目的としています。

インド、スリランカで5000年も前から人々の生活に取り入れられてきた自然由来の予防医学と言えます。

日本では、比較的日本食を食べ健康的に過ごしている方が多いと思いますが、病気になればすぐに病院に行くという習慣があり、予防医学はまだまだ浸透していないようにも感じます。


例を上げますと、アメリカは日本と違い、自費医療が一般的で、日本のように全国民が医療保険に加入し、3割負担で医療機関にかかることはできません。お金がなければ医療機関へ行かないこともあります。そのため、日頃から病気を防ごうとする「予防」への意識が高いのです。



AYURVEDAの生活への取り入れ方


アーユルヴェーダを自宅で簡単に生活に取り入れたいと思う方に、まずは食事から取り入れる

のが良いかと思います。


アーユルヴェーダの食事法のポイントは、6つの味を一度の食事にすべて取り入れることを重視します。甘み、塩味・酸味・苦み・辛味・渋み・辛味以外は、バランスの良い日本食でも取れそうです


しかしながら、加工食品・発酵食品・きのこ類は避ける方が良いとされています。

(納豆、ヨーグルトが好きな私には辛いものがあります。)


先ほどお話しした、ドーシャ(体質)別に合う食事をご紹介いたします。


ヴァータ

エネルギーが不足しがちなヴァータ体質の人には、温かく、甘い食べ物が最適。また、酸味のある食べ物は消化を助けます。


ヴァータ体質の人に合った食べ物 ・メロン、オレンジ、マンゴー、桃など、甘く果汁が多い果物 ・温野菜 ・玄米、あずき、かぼちゃ


ヴァータ体質の人に合わない食べ物

・リンゴ、生のトマトなどの、赤色系の果物

・タマネギ、ニンニク、キャベツなど、消化の際にガスが溜まりやすい野菜

・チップス、シリアルなどの乾燥した食べ物


ピッタ

ピッタ体質の人は、身体の中で熱い炎が燃えているイメージ。バランスを重視するアーユルヴェーダの考え方では、ピッタ体質の人には身体を冷やす食べ物がいいとされています。


ピッタ体質の人に合った食べ物

・リンゴ、ベリー類、ブドウなど赤色系の果物。

・ルッコラ、ホウレンソウなどの緑色野菜

・じゃがいも、シリアル、パスタ


ピッタ体質の人に合わない食べ物

・油っこい食べ物

・赤肉

・そば、大豆製品、玄米

・スパイス類を使った辛いもの


カパ

カパ体質の人は、消化や体質がゆっくり。より活力みなぎる生活をしたい場合には

辛い食べ物が最適です。


カパ体質の人に合った食べ物

・にんにく、黒こしょう、マスタード

・苦い葉物、ハーブ類

・スパイス類全般


カパ体質の人に合わない食べ物

・甘いもの全般

・乳製品

・卵

・リンゴ以外の果物



ご紹介させていただいた、体質ごとの合った食べ物を取り入れるのは完璧でなく、これは

頭のなかに置いておき、できるだけ近づけていくといいでしょう。


日々の生活で、食生活から病気の予防をし、健康なライフスタイルを過ごしたいですね。